夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏至

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。

今日は夏至ですね。
昼間が1年で一番長い日ですが、ここのところ夜7時頃でも明るくて、得したような気持ちになりました。

先日ホームセンターで購入した植木達は新しい環境に慣れてきたようで、それぞれ個性もあって、水が好きな子、嫌いな子、直射日光が苦手な子、など分かれております。
飼い主としては、平等にかわいいと思う気持ちもありますが、とりわけこの子は特別にかわいいな、とひいきにしてしまう子がどうしてもでてきます。

子どもの頃は、学校の先生が特定の生徒をひいきにするのは良くないことだ、と思っておりました。
が、先生も人間ですから仕方ありませんよね。
そのように気が付いたのは大人になってから大分経ってからのことでした。

世の中いろいろ理解に苦しむこともあったりしますが、そういう時こそ本当の自分と向き合える時とプラスに、前向きに考えるようにしております。

とはいえ、広い世の中、様々な考えをお持ちの方がいらっしゃいますから、全ての人に受け入れられるものを提示するのはなかなか難しいものです。
良かれ、と思って提示したことであっても、意に反した受け取り方をされることも残念ながら多々ある次第です。
そういったときは、ひたすら我が身の未熟さを反省し、なんとか辿れる道筋をそれないよう、少しずつ前進すること、前進する力があまり残っていなかったら、前進しようと思うことが、解決の糸口に繋がるのではと考えております。

何を言っているんだか、よく分かりませんね。


最近、知人に紹介された曲なんですが、東北芸術工科大学の校歌「明日へ」のCDがよかったですよ。
曲の詩は映画「おくりびと」の脚本を書いた小山薫堂氏です。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/7-9e82c110
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。