夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

リチウムイオン電池

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。

梅雨入りしましたね。あじさいの花が見ごろの季節となりました。

最近、携帯電話に使われるリチウムイオン電池はフル充電したり、完全に放電し切るのはよくないことを知りました。
いつも携帯の電池を満タンに充電して満足していた私にとって、それは電池に負荷をかけることと知り、ショックでした。
充電は8割程度にとどめて完全に使いきらないのがよいのだそうです。
早速実践します。

この間、前から気になっていた映画『インセプション』主演レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙を観ました。
よかったです、よ。
観ていて、キアヌ・リーブス主演の『マトリックス』を思い出してしまいましたが、こういう現実だの、仮想空間だのと、ごちゃごちゃしていて複雑そうな映画は嫌いではありません。

夜みる夢が題材になっているんですが、夢を見ていて、ここは現実なのか夢なのか判別が付かなくなることは誰にでもありますよね。
夢の中で延々と論争し、いつまでも決着がつかなく、朝目覚るとものすごく疲れていたなんて経験がありますが、皆様はどんな夢をご覧になりますか?

三浦展著の『第四の消費』という本を紹介されて、読みました。

目からうろこで、グサリと突き刺さるような著者の洞察力に圧倒されつつ読みごたえがありました。

出版社の元役職で、大の本好きの方で、読んだ本はただで譲ってもらったりしているのですが、その中の1冊でした。
自分では選ばない、手に取らない本で、しかも時代にマッチした本をいち早く手に入れて紹介してくださるので助かってます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/6-cbad8a53