夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散策

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。
瀬那みきです。

過日久しぶりに旧友との懇親会がありました。
大学、大学院時代を通して今日まで続いている人達は、ある意味宝のような存在です。
それぞれ違う環境をもって、年月も経っているというのに、人には言えない心の奥底に秘めていることを打ち明けられるのは、信頼と尊敬の念がお互いにあるからなのでしょう。
正解を求めているわけではないけれど、一生懸命同じ土俵に立って考え、意見を述べてもらえれば、その中に正解らしき断片を見付け、それと他のところから得たものをつなぎ合わせてそれなりの道筋を思い描くこともできるものです。

環境、思想、宗教、学問、技能が大事なのか、それとも人との繋がり、思いやりの精神なのか。
前者が入れ物で、後者が中身だとしたら、中身は入れ物がないといけないですから、どちらとも優劣はつけ難いものです。

こんな意見を彼らは知らないはずなのですが、言わなくても分かるのか、ホームページでも開設したらどうかと勧められたときは、嬉しかったですね。


古代ローマ時代の暴君と賢帝とは、政治手腕という点においては、私の知る限りでは、それほど差はありませんでした。

それに比べて、天才的君主とそうでない君主の差は、明らかでした。
戦争の勝敗という誰の目にも明らかな結果として現れれば、軍事的天才は誰の目にも分かるものです。
戦争がなかったならば、天才的君主はこれほどまでに明らかではなかったかもしれません。

時間の流れという風雪に耐え、後世に残る君主の言葉或いは生き方には、普遍性があり、現代においても共感できるものがあります。彼らの言葉、行いには、思いやりの精神、人との繋がりの尊重の思いが現れています。
キリストが生誕される前なのに、キリストの言葉かと思われるようなことを言ったりしています。

賢帝よりもこんな天才的君主の方が、会ってみたい皇帝です。


1年で特に美しいこの季節に町を散策し、いい写真でも撮ろうと久しぶりに出かけました。
場所は、下北沢と表参道。

狭い空間を最大限利用して、個性的な店が並ぶ中、特に目を引いたお店を撮影したかったのですが、撮影もブログ公開もはばかれましたので、目でしっかりと見ておくことに止めました。
店先のちょっとした空間の植栽の手入れ、壁面、窓際の置物など、懐かしい何かを、ほっと落ち着くような感覚を思い出させるような雰囲気は、大型店にはない魅力ですし、商品・サービスにもオリジナルな価値を提供していました。

所変わって、表参道を歩いていると甘い香りになんだろうと立ち寄ったお店がキャンディー屋さんでした。
写真撮影OKとの表示がありましたので、撮ったのがこちら。
手前の小さな粒が、袋や小瓶に入れられ販売されていました。
キャンディー製造現場


この近辺に中学生の頃友人と来た時を思い出したのですが、その時との変化を考えると、国際色が増したこと。
変わらないことはクレープ屋さんが繁盛していたこと、ですかね。
私がおばあさんになっても、日本がある限り、クレープ屋さんに行列はできていると確信しました。

最後は明治神宮へ。
本殿への長い道のりをひたすら歩いていると、どうしてもっと近いところに建ててくれないのか、なぜこんなに歩かせるのかと、これまでさんざん歩いて疲れてきたこともあって考えてしまいました。

そういえば、カトリック教会のミサは約1時間。
最大セレモニーであるキリストの聖体拝領はミサの後半にあって、洗礼を受けた信者はキリストのご聖体の秘蹟をいただきます。
そこに至るまで、聖歌の合唱や祈りや聖書朗読や司祭の話で、だんだん眠くなってくることもあるんですが、そうした工程を経て、ご聖体を頂くころには、身も心も洗い清められ、秘蹟を受けるにふさわしい状態になっているんだと思うんです。

この沢山歩く道中において、心の煩わいを取り除き、身も心も神前にふさわしい状態になった頃、本殿にお参りできるという仕組みがあるのかな、と思いました。

本殿に到着し、お参りは控え、距離を置いて眺めていましたが、それだけでも身も心も落ち着くような気持になりました。

帰り道は変わって、足取りはしっかりと元気を取り戻していたことには驚きました。

明治神宮がパワースポットだということを、後になってから思い出しました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/47-66741f2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。