夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深読

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。
瀬那みきです。

1つの話を心をこめて聞いた後、それまでの自分と同じであることはありえない、と言われます。

今日は、私が選んだ1つのお話を読んでみます。


「父、危篤」の報を受けて、兵士が前線から息せき切ってやってきた。

父1人、子1人の家族ということで、特例が認められたのだった。


集中治療室に足を踏み入れるや、彼は数本のチューブをつけられたこのうつらうつらしている老人が父親ではないと分かった。

何かの手違いで、こういうことになったのだった。

「あと、どのくらいもちますか」と彼はドクターにたずねた。

「ほんの数時間ですね、ぎりぎりで間に合いましたね。」

数千マイル離れた戦場で、老人の息子は銃を取っているのだと思った。

息をひきとる最後のときに息子が共にいてくれることを希望して、この老人はいのちをもちこたえているのだと兵士は気づいた。

彼は意を決すると身を乗り出して老人の手を握った。

そして優しく言った。

「父さん、ここにいるよ、もどってきたよ。」

老人は兵士の手をしっかり握った。

すでに見えない目をみひらいて周囲にいる人を見つめた。

老人の顔には満足げな笑みが広がり、1時間後、息をひきとるまでその笑みは消えなかった。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/45-79676605
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。