夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

カエル

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。
瀬那みきです。

今日面白い投稿を見つけました。

数年前他界した父親に表情のよく似たカエルが家に住みついたそうで、そのカエル、ではなくてお父さんにしばらくいてほしいとのことでした。

突然に失った悲しみがふとカエルを通して蘇ってきたのでしょうか。
この方はカエルなどは大嫌いのようですが、追い払うのを諦め、娘もカエルに魂を移した父親にすぐにでも会いたいと言っておられます。

失ったものへの悲しみが深ければ深いほど、その心の痛みは、その人の心の純粋さを現わしているように感じました。

思いがけないところに実りはあるものと信じていきたいものです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/20-90e062f7