夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学の証明

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

日差しが春めいて参りました。
梅の花が咲いて、沿道の桜の蕾も待ち遠しくなる頃になりました。
古典では待ちわびた春を題材にした作品があります。
筝曲でおなじみの「春の海」は国内外でも有名ですが、一般的には筝曲は起承転結がなく、恒久の時を感じさせます。
そういう意味ではこの世に馴染まず、いつまでも飽きずに聴いていられる音色に心休まる思いが致します。

因果関係論、論理的思考、科学的観察などを通して明快な結論を得ようとすることに慣れてしまったと同時に疲れ切ってしまったようです。
結果を出せと、ちゃんとした手順を踏んでいれば自ずと結果は出てくるのだ、という論理は不完全です。
同じことを同じ人が同じ状態で行ったとしても結果は異なります。
もし同じ結果が出たら異常なんです。

なんでこんなこと述べているのかといいますと、最近興味をもったことがあるんです。
といっても以前から気にはなっていたことなんですが、とても難解な領域なので敬遠していたんです。
でも最近になってふとしたきっかけで気軽な気持ちで手にした本にそのことが触れられていて、やっぱりおもしろい!となったわけなんです。

ちょうど電子書籍のフェアでしたので解説本を購入し、ワクワクしながら読んでいます。

興味をもったことは「量子論」です。

当たり前のことが当たり前じゃないということを科学的に証明したなんて科学の自殺行為みたいですが、それをも許容しているところに科学の偉大さを感じます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/136-83b627ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。