夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もあと少し

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

今年も残り少なくなって参りました。

まだ暖かい今の内に、ということで休日はいろんなところを歩き回っています。
日没が早くなったため、できるだけ出発時間を前倒ししているのですが、それでも帰りの車中など外の景色が暗くなってきますと不安になります。
そんな時は暗くなったからといってヴァンパイアが出現するわけないのだから心配しすぎるな、と言い聞かせております。

先日千葉県のある街に行ってきました。
持続可能な街づくりを念頭に開発当初から取り組んでいるとのことで、何か得るものがあるのではと好奇心と期待をもちましたので、長い電車乗車時間もそれ程苦になりませんでした。
現地に到着し、近くのレストランで昼食を済ませた後、南方の低層住居地域を歩いてから、道なりに沿って北上し高層マンション街を歩きました。
途中にある児童公園の様子なども見ました。
その日は晴れて暖かい日だったのですが公園に人はいませんでした。公園の様子からみて使われた形跡が見られなかったことと、このタウンの趣旨とがどう結びつくのか疑問になりました。
その後商業施設の建設現場を最後に見て帰宅しました。

事前に収集したメディアの情報と、実際現場を視ての印象は大分異なるものでした。
再度情報検索しますと、事後になってはじめて意識できる情報にも気が付くようになります。

人の成長段階に応じて施すケアのあり方が異なるように、人が住む家、地域も同じように対処の仕方が異なるでしょう。
ある時期のある地域の成功例をそのまま当てはめてみても実効性に乏しいように思われます。
だとすればそれぞれの地域ごとの現状の把握が先決なんだろうと思いました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/130-6bb8e9f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。