夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

行楽日和に

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

お天気に恵まれたお休みの日は、ほとんど外を出歩いています。

はじめは地図を用意して、どこを歩くか周到に準備をして出かけようと思ったのですが、思いがけない発見がなさそうなのと、国内でしかも昼間に出かけるのだから計画しないで行ってみるのもアリかな、ということで、行く先々で駅を降りてから、さあどこへ行こうかな、という感じになってしまいました。

観光案内所があると観光名所の地図を用意しているので、とてもありがたくいつも頂いています。
その通りに歩いても大抵は飽きてしまうので、そういうときは隣の駅か、次の次の駅まで歩いたりして、興味本位に歩いているものだからだびたび道に迷い、足が痛くなって、意識が朦朧としてくると、いよいよ人に場所を聞こうかと思うのですが、もう少しがんばってみようと歩いていると、思いがけないところに駅の看板を見つけることができたりして、それが一層うれしかったりします。

この間も山間部の日本三大奇景というところまで一駅跨いで歩こうとしたのですが、途中鉄橋の遥か下の急流を覗き込んだら吸い込まれそうになり、恐ろしくなってそのまま帰ってきてしまいました。
そこへ行く前、知人から数か月前付近で自殺があったと聞いたことも引き返した原因だったんですが。

都内も歩いたのですが、ほとんど地下鉄を利用しているものですから、地上の様子などほとんど分からなかったのですが、実際歩いてみると、この道がこんなところに繋がっているんだと発見の連続でいい勉強になりました。

大地震があって交通機関が麻痺してしまっても無事歩いて帰って来られるように練習もしたいと思っています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/129-33e2688d