夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示会

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

雨ばかりが続きます。
この前の日曜日は幸い天気もよく、近所のスーパーへ買い物へ行ったらレジ前が長蛇の列でした。日曜日の夕方に買い物をするべきではありません。

その帰りに近くにあるホール内で無料展示会が開催されていたので立ち寄りました。
この地域から出土した古墳や近年の開発前の人々の暮らしから現在までの移り変わりなどを示した地図や写真や映像や農具や出土品が展示してありました。

昭和の時代までなら当時の映像や写真を通してなんとなく実感として昔を懐かしむこともできるのですが、7世紀の古墳跡ともなると、復元された展示物を見ても、もう別世界の出来事で、如何に当時の朝鮮王朝から渡来した工法を用いた如何に高い技術のもので、如何に当時の権力者の統率力が強かったことかなどを解説されてもピンときませんでした。
その権力者が日本人であろうと宇宙人であろうと大して変わりはない感じが致しました。
開発とともに生活は便利になり、それなりに豊かになりました。
生活の利便性の向上はめざましく、掃除機はロボット化され、ロボットが一家に1台あるのは当たり前の時代も目の前に迫っています。

便利さに反発してか、居心地が悪いのか個人としてスマホを持たないのも何かを得る代わりに何かを捨てなければならなくなるのを恐れているのかもしれません。

不便の快適さとは何なのでしょうか。
効率性よりも価値あるものとは何なのでしょうか。
と、なんだか難しい問いになってきてしまっております。

便利だと受け身になりがちで、考えたり、悩んだり、夢や希望をいだいたりする機会が少なくなるんじゃないでしょうか。
ネットが普及して情報の受け手から送り手になったと喜んでいるのも実は一部の限られた人で、大部分はネットの情報をかつて本に書いてあることは全部正しいのだと読んでいた頃のように、ただ鵜呑みにしているのかもしれません。

一個人として思う疑問からの小さな発見は少なくなり、生き方自体が浅薄なものになってしまうような気がしたりします。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/116-81693c17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。