夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お歳暮

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

お歳暮の時節柄、宅配便の集荷の電話がなかなか繋がりません。

もうじきクリスマスですので職場でもツリーの飾り付けをし、毎年恒例の地域のクリスマスイルミネーションは今年はどうなることやらと心配もしましたが、無事に駅前をキラキラと点滅していました。

クリスマスプレゼント用のおもちゃのチラシなどを見ますと、価格によって程度の違いはあるのでしょうが、一見玩具とは思えないようなクオリティの高い機器類が目立ちました。
小学生でもiPONE6を持って登校する子がいるそうで、目に新しいものに敏感な幼少時にこのような高額品レベルで競争心を煽られては、昔と違い今の子どもの精神的疲労度はいかばかりと憂慮されます。

大人になれば誰にも文句を言われないで済むことも、狭い隔離された子ども社会にあっては、人と違うことをしている人は仲間外れにされ、その傷つく度合いは経験も知恵もないため深いものになりがちです。
出る釘は打たれる、しかし出過ぎてしまえば打たれない。
そんな言葉も救いにはならないのかもしれません。

辛いこと、苦しいことの方が楽しいこと、幸せなことより遥かに多いのが現状です。

その中で鍛えられ、磨かれることによって朽ち果てることのない宝を積み、来るべき日の準備をする教育機関が現時点なのだと思います。

あれっ、クリスマスの話がいつの間に・・・。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mikitinaiustitia.blog.fc2.com/tb.php/106-e8541974
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。