夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

アメショー

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

「アメショーが6万円で売っていた。中古だから安いんだね」これ何のことだか分ります?訳しますと、「猫の、アメリカンショートヘアーが6万円で売られていた。生後かなり日が経っているから安いんだね」ということです。猫好きは、猫を何匹飼っていても、ペットショップへ行くと欲しくなるそうです。結婚する旦那さんは、どんなにイケメンでも、猫が苦手な人はダメだそうです。さて、またいい曲を仕入れましたので、音楽鑑賞しま...

漁父の辞

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

本日は、屈原の楚辞の諸篇の中の「漁父」を詠みましょうね。まず、簡単に屈原の時代背景を見てみましょう。屈原(紀元前343年-紀元前277年)は、戦国時代に楚の懐王に仕えて、内政、外交に手腕を発揮しました。楚、斉は秦の脅威にさらされていたので、屈原は楚、斉が同盟して秦に対抗する策を推進しました。他方、秦の保護下に入って安全を図る勢力も強く、国論は二分していました。(斉、楚、秦、燕、韓、魏、趙という「戦国の七...

故郷へ

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

今日は、漢詩を詠みましょう。陶淵明(365-427)の代表作である「帰去来の辞」を選びました。官を辞して家に帰る決意を述べ、はやる心で帰路に赴く様を描いています。尚、『帰去来兮』を「かへりなんいざ」と訓読したのは菅原道真(845-903)です。陶淵明歸去來辭 歸去來兮 田園將蕪胡不歸 既自以心爲形役 奚惆悵而獨悲 悟已往之不諫 知來者之可追 實迷途其未遠 覺今是而昨非 舟遙遙以輕 風飄飄而吹衣 問征夫以前路 恨晨光之熹微歸去...

懐かしい日々

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

このところの寒さのせいか風邪がはやっているようです。朝などは身震いするほど寒さを感じ、過ぎ去ってしまった暖かい日がはやくも再び待ち遠しくなっております。将来は沖縄のような1年中温暖な気候のところで、のんびり過ごしたいなあなどと考えたりもしました。実際住んでみると退屈で飽きてしまうなどと移り住んだ人は言いますが、本当にそうなのでしょうか。日本人の起源としてはアジア大陸北東部説、アジア南方の熱帯地方・...

台風のあと

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

台風一過で、今朝は天気はよかったものの風強しといったところでした。被害は特にありませんでした。玄関わきにかけておいた傘が地面に落ちていた位。ちなみに台風情報は、気象庁より精度が高いといわれる米軍のものでした。久しぶりのテレビで、美味しいナポリタンを紹介していたのに影響され、ナポリタンを作りました。冷蔵庫にある残りもので作っても失敗にはならない無難で美味しく食べられる料理です。美味しい評判のお店で食...

猫3匹

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

まだ小学校に入る前の頃、母の友達で猫を3匹飼っているお姉さんがいました。お姉さんにもかかわらず、私は愚かにもおばちゃんと平気で呼んでいたことを後悔しています。今になって知ったことですが、雑誌のモデルをしていたこともあったとか。記憶に残っている面影は、そんな美しくて可愛らしい外見よりも、他の誰にもない疑いのない優しさを持っていたことです。もう亡くなってから長いのでほとんど思い出すことはありません。し...