夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

カエル

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。瀬那みきです。今日面白い投稿を見つけました。数年前他界した父親に表情のよく似たカエルが家に住みついたそうで、そのカエル、ではなくてお父さんにしばらくいてほしいとのことでした。突然に失った悲しみがふとカエルを通して蘇ってきたのでしょうか。この方はカエルなどは大嫌いのようですが、追い払うのを諦め、娘もカエルに魂を移した父親にすぐにでも会いたいと言っておられます。失ったものへの悲しみが深けれ...

語り継ぐ戦争

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。瀬那みきです。1931年9月18日満州事変の発端といわれる柳条湖事件がありました。時代と共に戦争体験を語り継ぐ方々も少なくなって参ります。体験談を読みますと、どれも非常に鮮明に生々しく当時の状況を伺うことができます。敗戦後、負けた悲愴感よりも暗闇から解放されたと喜んだ人がいた一方で、旧満州国では、先生が女学生に自決用の青酸カリを渡し、危険を感じたらこれを飲むよう指示をしたそうです。幸い...

ある聖職者について

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。瀬那みきです。ここ数日間は、まるでカリフォルニアのような青い空と、夏のようなカラッとした暑さが続いていました。日本らしい秋が待ち遠しいのですが、トンボを最近になって見かけました。空中で止まったり、いきなり前に進んで再び止まったりと、自由自在な飛行を楽しんでいる様子を見ると、もうすでに秋なのですね。さて、去る8月31日カトリック教会枢機卿、カルロ・マリア・マルティーニ師がお亡くなりになり...

時間とは

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

こんばんは。瀬那みきです。まだ暑いですね。8月中旬から領土問題について、各界の先生方の非常に明瞭なご説明、ご意見を情報媒体を通して興味を持ちながら伺っております。多様な意見発信が保障されている民主主義の恩恵に感謝すると同時に、日が経つにつれ、新しい歴史的事実なども出て来、この問題の解決を一層困難にしているようにも見受けられました。今後とも静観していきたいと思います。今日はその領土から少し離れてみま...