夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

スポンサーサイト

Posted by 瀬那みき on

新年

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

新しい年となりました。年末年始はイタリア旅行を想起しながら著名人の関係本を読みました。文部省の海外留学生としてヨーロッパに渡った和辻哲郎は、インド洋を通っての船の旅でした。フィレンツェにおいては、すばらしいものがむやみにたくさんあってすっかり圧倒され、印象を書き留める余力などなかったとあったり、中央寺院については現実的ではなく、夢想的であると書かれているところについては、同じ所へ行き、同じものを見...

イタリア旅行~帰国編~

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

サン・マルコ広場からヴェネチアのマルコ・ポーロ空港まではアリラグーラ社の水上バスに乗船して約1時間30分かかりました。海からのヴェネチアの景色はまたすばらしかったのですが、長時間の水上の移動は慣れないせいか、空港の停留所に到着し座席から立ち上がった時はフラフラしてしまい、船の乗員の人に支えてもらって下船しました。マルコ・ポーロ空港からは離陸後まずドバイまで行きましたが、ドバイ空港の乗換先の待合所で...

イタリア旅行~ヴェネチア編~

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

再びイタロに乗車してヴェネチアへ向かいます。ヴェネチアへは海から入れ、と言われていますが、私はそれに反して列車で陸から入るのだろうとしていたら、列車は海の上を走りましたので、結局格言通りの入場となったのでした。サンタ・ルチア駅改札を出ると運河に面して水上バス(ヴァポレット)と随所にある停留所がところ狭しと乗客を待っています。ヴァポレットに乗船して30分も航行すれば停留所のすぐそばの宿泊先に到着でき...

イタリア旅行~フィレンツェ編~

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

翌日イタロ(別名フェラーリ新幹線)でフィレンツェへ移動しました。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着し、駅から徒歩10分ほどで、ホテルの建物に到着しました。建物のドアを開けると手動エレベーターです。カルチャーショックを受けました。こんなレトロな味のあるエレベーターなんて見たら大喜びする人もいるでしょう。しかし見慣れない骨董的存在を目の前にしている私にとってはそんな観賞に浸っている心と時間の余裕はあり...

イタリア旅行~ローマ編~

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

今回は、前回のイタリア旅行(ローマ編)の続きを書きますね。カステル・サンタンジェロを見学した後、南下してヴィットリオ・エマヌエーレ通りへ出、東へ徒歩で向かいました。大通りは標識が充実していますので、迷ったときに対処しやすいので初めて歩く街においては比較的安全です。ナヴォーナ広場へベルリーニの噴水の彫刻をサラリと見てから、今回の旅の目的であるパンテオンを目指しました。実際それは最も興味を抱かせるだけ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。