夢と希望を持ち続けて

はじめて人生の道のりを歩んでいる私たち1人1人に灯火がありますように

夏休みが短くなった

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

去年より蝉の数が少ないように感じます。7月の終わり頃となれば学生は夏休みに入るものですが、最近はどうも様子が違っていて、8月頭まで試験があるとのことで、可哀想に感じ、夏休み期間も時代とともに変わるものだというそう不自然でもないことに驚き、私の頃はよかったと懐かしみました。ただ、長い夏休みをもっと有効に使いたかったと、例えば長期間の海外旅行などもできる訳で、今思うとアルバイトでコツコツ貯めたお金でそ...

札幌旅行

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

札幌に行ってきました。「札幌なう」ってやってみたかったんですが、到着したその足で市内観光を日が沈む前までにしたかったのでそんな余裕は全くありませんでした。時計台やテレビ塔、北海道旧庁舎など教えていただいていたので、後でなんで行かなかったのと問い詰められたりするのは困るので、この3つは少なくとも制覇しないとと、何のために札幌に行ったのか本来の目的はどこへやら、市内を行ったり来たりし、証拠写真を撮るこ...

ネットのこと

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

ひさしぶりに投稿します。ネットに投稿しないとは、さぞリアル生活が充実しているのだろうと、そんなことは全くありません。いつもと表面的には変わらず平穏な毎日を過ごしています。いつかまた海外旅行へ行きたいとあれこれ行き先を考えることが楽しみの一つになっています。目的地に到着したら、目前の問題に対処することに頭が一杯ですから、旅は行くまでが楽しいとはよく言ったものです。ネットのおかげで海外の現地の状況も事...

桜の開花

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

先日東京地方において桜の開花宣言がありました。4月16日(日)はキリスト教の復活祭(イースター)ですが、イースターまでの46日間は受難節で、キリスト教徒は、イエスの十字架上の死をしのんで、真摯な祈りに時間をあて、嗜好品を避け、食材にも配慮した日常生活を心がけます。 そういう訳で私も期間中は質素に暮らし、お花見などといって浮かれ騒がないようにするつもりです・・・。 オリンピックのインフラ整備のためか都...

秋田の聖母マリア様の奇跡

Posted by 瀬那みき on   0 comments   0 trackback

秋田の聖母マリアの奇跡とは、カトリック修道院聖体奉仕会の聖母像の右手から血が流れたことや、汗のようなものが流れ、そこから芳香をはなったというものです。その他にも同会所属のシスター笹川の左の手の平に、出血を伴う十字架の傷が現れたこと(聖痕)やこの聖母像から3つのお告げを授かったというものです。人間の涙のような水が流れたのは1975年1月4日から1981年9月15日まで101回にわたりました。当時の新潟の伊藤司教は4...